2012年05月09日

小沢一郎、控訴される

人気ブログランキングへ

指定弁護士側が小沢氏控訴へ(MSN産経ニュース 2012年5月9日) 
1/2
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴され、1審東京地裁で無罪となった民主党の小沢一郎元代表(69)について、検察官役の指定弁護士側は9日、判決を不服として東京高裁に控訴する方針を決めた。控訴期限は10日。小沢元代表の公判は、高裁で審理が続くことになる。

 控訴の可否をめぐっては2日の協議で結論が出ず、9日に再協議していた。

 小沢元代表は、元秘書らと共謀し、陸山会が平成16年10月に支払った土地取得費計約3億5200万円を、16年分ではなく17年分の政治資金収支報告書に支出として記載したなどとして、昨年1月に強制起訴されていた。

 小沢元代表は公判で「秘書にすべて任せていた」と全面無罪を主張。(1)強制起訴の適法性(2)虚偽記載の有無(3)元秘書との共謀の有無−が争点となった。

 先月26日の1審判決は「起訴議決は有効」と判断。元秘書らによる虚偽記載を認定し、小沢元代表と元秘書の間に、政治資金収支報告書の記載をめぐる「報告・了承」があったことも認めた。一方、元秘書との共謀については、小沢元代表が「虚偽記載にあたると認識していなかった可能性があり、故意の立証が不十分」として、成立を認めず、禁錮3年の求刑に対して無罪と結論づけた。

2/2
判決について指定弁護士側は「公判で言及されなかった論点で無罪とされ、納得できない部分が多い」として、控訴可能かどうか検討を進めた。

 これまでの協議では、指定弁護士3人がそれぞれ「控訴」と「見送り」という選択肢について意見を出し合った上で、訴訟記録や証拠を精査。指定弁護士の元に寄せられた小沢元代表関連の情報についても、立証材料に加えられるかどうかを話し合った。

 一方、控訴することで小沢元代表の被告としての立場が長引く点についても考慮。控訴審で1審判決を覆し、有罪にできる可能性がどの程度あるのかを慎重に検討していた。

※リンク先に写真と号外のpdfファイルあり
あら?控訴しないと思ったんですが控訴しましたね。
ここで有罪になれば小沢一郎は政治家としてどうなのか?と疑問に思います。
しかし、民主党は小沢氏の党員資格を復活させる模様です。
う〜ん、ぐじゃぐじゃですね。
しょうがないですね政治家は。




ま〜ま〜タルトでも食べて。。人気ブログランキング! → 
posted by akibacchi2980 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

まだあった!小沢事件の闇

人気ブログランキングへ

起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆(YOMIURI ONLINE 2012年5月5日)
陸山会事件の捜査報告書の虚偽記載問題を巡り、当時の東京地検特捜部長だった佐久間達哉検事(55)が、同部副部長が作成した別の捜査報告書について、政治資金規正法違反に問われた小沢一郎民主党元代表(69)(1審無罪)の関与を強く疑わせる部分にアンダーラインを引くなど大幅に加筆していたことが分かった。

 この報告書は、虚偽記載のあった報告書とともに、元代表を「起訴すべきだ」と議決した東京第5検察審査会に提出されていた。検察当局は、当時の特捜部などに同審査会を起訴議決に誘導する意図があったかどうか慎重に調べている。

 副部長が作成した報告書は、元特捜部の田代政弘検事(45)が2010年5月17日に元代表の秘書だった石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)を任意で事情聴取した後に作成した虚偽記載のある報告書のほか、石川被告や元代表らの供述調書などの証拠を再評価したもの。

 関係者によると、報告書は全部で約20ページあり、政治資金収支報告書の虚偽記入について、元代表と石川被告らの共謀を肯定する要素と否定する要素の両論が併記されている。当時の副部長が特捜部長だった佐久間検事宛てに作成したが、佐久間検事は自ら、田代検事が作成した報告書の虚偽記載部分にアンダーラインを引いたり、供述内容を書き加えたりしたという。
………
じゃあ、本当は検察も起訴したかったんじゃん。
だから、裁判でも証拠に採用されなかった?
まあ、結局、何も解らなかったワケですね。
政治家も難しいっすね〜。
しかし、この資料がネットに流出したらしいです。

<イザ!ニュース>虚偽捜査報告書流出 “犯人捜し”難しく 「控訴断念迫るメッセージか」(産経新聞 2012年5月5日)
 小沢一郎民主党元代表(69)の公判に絡む証拠資料のインターネット流出が4日、明らかになった。司法の信頼性を根底から揺るがす事態となっており、指定弁護士側、弁護側、検察いずれも「どこから出たのか心当たりがない」と戸惑いを隠せない様子だ。“犯人捜し”は困難も予想されるが、小沢元代表を無罪とした東京地裁判決の控訴期限が今月10日に迫っていることから、「控訴の是非の判断に影響を与えようとする暗黙のメッセージではないか」(法曹関係者)との声も出ている。

 ◆「身内の恥だ」

 捜査報告書の虚偽記載は、小沢元代表の昨年12月15日の公判で問題化した。実際にはないやり取りを記載したまま小沢元代表を強制起訴した東京第5検察審査会に提出されていたため、弁護側は「起訴議決は虚偽の報告書に基づく」と反発し、公訴棄却を求める事態に発展した。

 石川知裕衆院議員(38)を取り調べ、公判に証人として出廷した田代政弘検事(45)は、「思い出して作成したので記憶が混同した」と釈明。だが、東京地裁が判決で「事件の見立てに沿う供述を獲得することに力を注いだ」と指弾するなど、検察の捜査のあり方が批判を浴びた。

 ある検察幹部は「現在捜査中であり、この問題は身内の恥でもある。検察関係者の関与は考えにくい」とした上で、「報告書を拡散することで問題を大きくしようとする意図を感じる」と話す。

 ◆PDFで投稿

 ネット上にアップされた捜査報告書はPDF形式(電子文書の一種)になっていた。捜査報告書の原本は紙に印字されているため、何者かが電子データ化したことになる。

 関係者によると、捜査報告書と反訳書は裁判の過程で弁護側に開示され、捜査報告書は弁護側にコピーも許可されていた。産経新聞の取材に、指定弁護士側、弁護側ともに「こちら側から出たものではない」とコメントした。

 ある司法関係者は「(捜査報告書は)一部メディアや国会議員らも入手している形跡があり、流出元の特定は難しいだろう。虚偽捜査報告書を改めてクローズアップすることで、指定弁護士側に控訴を断念させようという意図を感じる」と話した。

 一橋大学の堀部政男名誉教授(情報法)は「警視庁の国際テロ捜査資料の流出事件と比較すると、捜査報告書は報道などで内容が判明しているため、機密性の程度は低い。だが、内部資料の性格を帯びる公判証拠の流出は司法の信頼を大きく損ない、日本の国際的な信用の低下につながりかねない」と指摘している。
………
あ〜あ、もう冗談じゃないよ。





ネット流出。。人気ブログランキング! → pc-red.gif



LittleCherryStone.gif
posted by akibacchi2980 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

恋愛結婚とか見合い結婚とか

人気ブログランキングへ

検察審査会の強制起訴は“恋愛結婚”!(ZAKZAK 2012年4月27日)
先月、那覇地裁が、検察審査会の起訴議決により強制起訴された詐欺事件において無罪を言い渡した。検察審査会というのは、くじ引きで無作為に選ばれた11人の一般市民で構成された会であり、この会の議決によって、検察の不起訴が問題であると判断した場合には起訴という効果を生じさせ得るものである。この那覇地裁の詐欺事件は、これまでに強制起訴された4件の事件で初めて出される判決ということで着目されていた。

 その無罪判決が出た後で、今回、政治資金規正法違反事件で強制起訴された小沢一郎被告人(69)に対する判決が言い渡された。強制起訴された事件の判決が続いたので、本日は、そもそも検察審査会の議決による強制起訴とはいかなる性格を有するのか、強制起訴された事件の裁判と従前の裁判とは違いがあるのか、これらの点を視界良好にしたい。その読み解き鍵は「古典的な見合い結婚と恋愛結婚のどちらがよいか」である。

 「結婚」へのプロセスとして、古典的な見合い結婚と恋愛結婚がある。古典的な見合い結婚は、政略結婚も含め、親らの有力者によって最適な相手として引き合わされて見合いをすれば、ほぼ結婚が決まっていた。これに対し、恋愛結婚では、出会った後、数々のデートを重ね、結婚相手としてふさわしいかの判断を経て結婚に至るが、結婚しないことも多々ある。

 ところで、検察審査会の議決による起訴は、市民の判断で起訴を決定するという意味で、従前の検察起訴に対比して「市民起訴」と呼ぶことにするが、従前の「検察起訴」とこの「市民起訴」とは、判決に至るプロセスが違う。

 検察起訴では有罪判決の可能性が極めて高い。検察が有罪の可能性が極めて高い事案に限って起訴するため、有罪率は約99%と高率なのである。

 これに対し、市民起訴の場合、そもそも検察において証拠が弱いなどのため不起訴にした事件であるから、無罪の可能性が比較的高い。有罪率は50%を切るかもしれない。それでも、裁判という公の場で真相・真実を明らかにすることに意義を見いだす。

 起訴(出会い)時点でほぼ結論(結婚)が決まっているかの観点でいえば、検察起訴は見合い結婚に類似し起訴時点で結論(有罪)がほぼ決まっており、市民起訴は恋愛結婚に類似し起訴されても結論(有罪)が決まっているわけではない。

 一般論として、無罪が多くても起訴・不起訴の判断に市民の素朴な視点を反映させることは意義深いのか、それとも無罪になる恐れが高いのに裁判にかけられる被告人の不利益を深刻と見るのか。

 那覇地裁の判決や小沢一郎被告人の判決が、市民起訴の当否を今後議論する題材になることは間違いない。

 ■若狭勝(わかさ・まさる)元東京地検特捜部副部長、弁護士。1956年12月6日、東京都出身。80年、中大法学部卒。83年、東京地検に任官後、特捜部検事、横浜地検刑事部長、東京地検公安部長などを歴任。2009年4月、弁護士登録。座右の銘は「桃李言わざれども下自ずから蹊を成す」。
………
検察起訴→建前が整っている→見合い結婚
(検察審査会による)強制起訴→建前が整っていない→恋愛結婚

起訴を結婚に例えるなんてロマンチッ、、、言わせね〜よ!

検察起訴の場合は根回しが十分あるツマラナイ会議と一緒ってコトか?
そうとも例えられますよ。
根回しの会議だけじゃあ社会が回らないんじゃないの?




根回し大事じゃ。人気ブログランキング! → 
posted by akibacchi2980 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする