2012年12月22日

アルゼンチン人、裁判受けずに逃げた!

人気ブログランキングへ

アルゼンチン人、出廷せず 母国へ帰国 強制わいせつ罪「日本での裁判受けるつもりない」(MSN産経ニュース 2012年12月3日)
強制わいせつ容疑で逮捕後、いったん不起訴処分となり、検察審査会の「起訴相当」議決を受け、大阪地検が再捜査し強制わいせつ罪で起訴したアルゼンチン国籍のロベルト・ロサダ・ゴンサレス被告(64)が、3日に予定された大阪地裁(久礼博一裁判官)の初公判に出廷せず、期日は取り消された。

 ロベルト被告は起訴前に母国アルゼンチンへ帰国。弁護人らによると、外務省を通じて起訴状や裁判への出廷を促す召喚状は届いているが、「日本での裁判は受けるつもりはない」と話しているという。

 起訴状では、2010年1月、ホテルの客室で従業員の女性に抱きつくなどのわいせつ行為をしたとしている。同年2月に嫌疑不十分で不起訴処分になったが、女性が審査会に審査を申し立てた。審査会は同年3月、起訴相当と議決。地検は女性に再び事情を聴き、同年10月に起訴した。
………
逃げたら、悪いことを認めたと同じことだよ。
悪いと知ってて校庭の隅でタバコ吸ってる高校生みたい。




ひょいと、アルゼンチン〜!人気ブログランキング! → airliner_2.gif



hpg_banner_ic.gif
posted by akibacchi2980 at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

尼崎JR脱線事故 これでも無罪になりますか?

人気ブログランキングへ

<日刊スポーツ>JR事故公判、遺族質問(共同通信 2012年12月11日)
 尼崎JR脱線事故で、検察審査会の議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本元相談役I.M被告(77)は11日、神戸地裁(宮崎英一裁判長)の歴代3社長の公判で、遺族に当時の安全対策について聞かれ「在職中は最大限の努力をした」と述べ、過失を否定した。

 被害者参加制度に基づき、遺族がI元相談役に質問するのは初めて。

 次男昌毅さん(当時18)を亡くした上田弘志さん(58)が、カーブに自動列車停止装置(ATS)が設置されていなかったことを問うと、I元相談役は「担当者から必要だと聞いていなかったので、分かりません」と言い切った。

 上田さんは日勤教育についても質問。I元相談役は「具体的なことは人事部に任せており、一切知らない。社長として知らなくてもいいと判断した」と突き放した。

 起訴状では、現場を急カーブに付け替える工事や、定時運転を難しくするダイヤ改正などから、事故が起きる危険性を認識できたのに、ATSの設置を指示する義務を怠った、としている。

 3社長は遺族の申し立てを受けた検察審査会の起訴議決に基づき、2010年4月に強制起訴された。
………
次のニュースどうぞ。
<日刊スポーツ>「関心ない」と元相談役 傍聴席に失笑(共同通信 2012年12月11日)
「関心ない」「努力はした」。素っ気ない答えに傍聴席からは失笑も漏れた。事故から約7年半、法廷で遺族の質問に答えたJR西日本のI.M元相談役(77)は11日、証言台で正面を向いたまま、早口で自らの責任を否定し続けた。

 出廷した遺族3人は、検察官役の指定弁護士の後ろに並んで着席。「ゆっくり、分かりやすく答えてください」。最初に臨んだ上田弘志さん(58)はこう前置きし、質問を始めた。

 懲罰的な日勤教育やダイヤ改正。なぜカーブの危険に気付かなかったのか。上田さんは冷静に問い掛け続けた。

 「日勤教育には賠償命令も出ていますよね」。上田さんの言葉に、I元相談役が「辞めた後の事なので関心持っておりませんでした」と声を荒らげる場面も。傍聴人は失笑を浮かべ、「何なんだ」と絶句する声も聞かれた。
………
ま、企業のトップは大抵が「知らぬ存ぜぬ」だからね。
逃げ切れればいいな、とでも思ってんじゃないの?
被害者にしてみればたまったもんじゃないぜ!





ああ、責任を逃れたいっ!人気ブログランキング! →  small_train_red.gif small_train_red.gif small_train_red.gif


cotton-banner.gif
posted by akibacchi2980 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準強姦罪で在宅起訴 鹿児島検察委員会

人気ブログランキングへ

<47NEWS>性犯罪で初の強制起訴 練習場経営者、鹿児島検察審査会(共同通信 2012年12月12日)
女子高校生(当時18歳)に乱暴したとして鹿児島検察審査会が「起訴すべきだ」と議決した鹿児島市のゴルフ練習場I.K経営者(62)について、鹿児島地裁から検察官役に指定された大脇通孝弁護士らは12日、準強姦の罪で在宅起訴した。

 大脇弁護士によると、2009年5月の改正検察審査会法の施行後、強制起訴は7件目。性犯罪は初めてとみられる。

 起訴状によると、I被告は06年12月9日、ゴルフ指導を口実に女子高校生を鹿児島市のホテルに連れ込み、極度に困惑して抵抗できない状態に陥っていることを認識しながら乱暴したとしている。
………
これは、今話題の内柴正人みたいです。 ※内柴正人(ウィキペディアより)

○在宅起訴…在宅起訴とはなんですか?(Yahoo!知恵袋)
○準強姦罪…準強姦罪(はてなキーワード)




イイ感じなのに。。。人気ブログランキング! → _KHAFU2.gif_KMOJI.gif






_CTATUTA.gif
posted by akibacchi2980 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察審査会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする