2018年05月21日

辞退するなら理由ぐらい言えよ

人気ブログランキングへ
辞退者が7割に増加した裁判員制度、何が起きているのか(BuzzFeedNEWS 2018年5月21日)

最近、裁判員を無断で欠席する人が増えているらしい。
ただ、無断欠席者は増え続けている。

最高裁がまとめた資料によると、制度開始の2009年に83.9%だった選任期日日の「出席率」は、その後一貫して減少傾向にある。15年には7割を切り、18年(3月末)では63.6%にまで落ち込んだ。

これは、無断欠席が36.4%に増加していることを示す。09年は16.1%だったため、この9年で20.3ポイントも増加したことになる。


管理人だって、裁判員制度は辞退したい。いや、絶対に行きたくない。
確かに利用した人の満足度は高いかもしれないが、絶対に行きたくない。
被告人なんてどうだっていい。だから絶対に行きたくない。
裁判員なんてがんばるだけムダ、だから絶対に行きたくない。
過去ログ…裁判員が証拠を調べるのは刑事訴訟法317条に違反する。
違法での判断は採用されない。
違法での判断は被告人に控訴される理由になる。

だから、裁判員なんて絶対にイヤ。やりたくない。でもね、、、

無断欠席するのとは別の話だ!

裁判員制度反対!これで結構。
裁判員制度つまんない。これで結構。
証拠写真を見て精神がおかしくなりそう。これで結構。
だいたい行きたくない人っていうのは仕事以外にもいろんな理由があるはずだ。
(注:仕事で行けないのを辞退理由にすると辞退できる確率はグッと減ります)

その行きたくない気持ちを堂々と言ってみろ!

裁判長なんてのはだいたいが頭が固いジジィばっかりで自分の人生に拘ってほしくないっていう気持ちも解かるよ。

そういう理由があるのに無断欠席なんておかしいでしょ?

裁判員法では、正当な理由なく裁判所に出頭しない場合、10万円以下の過料を課す定めがあるが、読売新聞によると、これまで適用例はないという。

確かに、裁判所は無断欠席したって何もしませんよ。表向きはね。
でも、裏ではどう思ってんでしょうか?

裁判所なんて一生お世話になりません。そういう人もいます。確かに。
もし、仮に、結婚していて離婚したい。財産について話し合いたい。
もし、交通事故にあったら?たとえば、安全運転だったのに煽られた。相手を罰してもらいたい。
交通事故は車を運転しているヒトとは限りません。自転車でも歩行者でも事故に遭います。
もし被害者だった場合、相手を罰してもらいたいとき、どうしてもお世話にならなければならないのが裁判所。
暴行された、何かを盗まれた、などなど、身体的や精神的被害を追った場合、刑事事件や民事事件になった場合、
どうしてもお世話にならなければいけなくなるのが裁判所です。

しかし、もし裁判員を無断欠席したらどうなります?裁判長の心証的には

都合のいいときだけ泣きついてきやがって。。

見下されますよ。

もちろん、裁判長は相手を公平に見ることができます。そういう教育も訓練も受けてきてるので最初からそういうことは思いません。
なるべく、関係者を公平に見ようとします。実際にそうしていますし、当然の話です。
でも、裁判長だって人の子です。
あまりに無視すると、公平に見る判断が歪んできます。
そうなると、当然、受けられるべき損害賠償が、権利が、受けられなくなったらどうやって説明するんですか?

もちろん、裁判員制度を好きになれとか大人の責務だとか言いません。
裁判長はエライ!なんておべっか使う必要もありません。
裁判員制度は辞退することができるんです。イヤならイヤだと言えるんです。
だったら、裁判所にはっきり言いましょう。無断欠席しないで。

裁判員なんて大嫌いだからやりたくな〜い!!




久々更新で自分をほめたい。人気ブログランキング!→ 

posted by akibacchi2980 at 12:02| Comment(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。