2016年08月01日

前橋3人殺傷事件 重い死刑判決

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース><前橋3人殺傷>死刑判決、裁判員「ずっと心が重かった」(毎日新聞 2016年7月20日)

 前橋市で2014年に高齢者3人が殺傷された事件の裁判員裁判で、前橋地裁は20日、強盗殺人罪などに問われた無職、T.K被告(27)に求刑通り死刑を言い渡した。鈴木秀行裁判長は、高齢者が多く住む住宅街で連続発生した無差別犯行だとして、「人命を奪って悔い改めず、再度強盗殺人に及んでいる」と厳しく非難した。

 閉廷後、記者会見に応じた裁判員の一人は「ずっと心が重かった。今後もこの気持ちは持ち続ける」と、死刑について評議してきた重圧を振り返った。

 判決は、用意した凶器で頭部などを複数回襲っていることから、検察側主張に沿って確定的殺意を認めた。弁護側は、発達障害などによる突発的犯行と反論していたが、鈴木裁判長は「計画的で障害は間接的影響を与えただけ」と指摘。「不遇な成育歴などを考慮しても死刑はやむを得ない」と述べた。無期懲役が相当としていた弁護側は即日控訴した。

 判決によると14年11月、前橋市日吉町のK.Yさん(当時93歳)方に侵入し、K.Yさんを殺害し現金約7000円を奪った。翌月には同市三俣町のK.Tさん(当時81歳)方で金品を奪おうと、妻を包丁で刺して重傷を負わせ、K.Tさんを刺殺した。


裁判員は、死刑判決なんて出したくなかったでしょう。
よほどの確証がないと死刑判決なんて出せませんからね。
とブログに書いてる私ですが、裁判員をやる気はなく、辞退したい身です。
偉そうですよね〜。





TKはコムロじゃないからね。人気ブログランキング! → 
posted by akibacchi2980 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440641808

この記事へのトラックバック