2016年04月04日

栃木女児殺害事件は冤罪?

人気ブログランキングへ

栃木女児殺害事件が異例の評議延期のようです。
[Yahoo!ニュース]<栃木女児殺害>判決公判、4月8日に延期 評議長引き?(毎日新聞 2016年3月29日)
 栃木県日光市(旧今市市)で2005年、小学1年女児が連れ去られて殺害された事件で、宇都宮地裁(松原里美裁判長)は29日、殺人罪に問われたK.T被告(33)の判決公判を4月8日に延期することを決めた。同地裁は3月31日に予定していたが、関係者によると、裁判員らの評議が長引いているとみられる。

 宇都宮地検によると、裁判員裁判では裁判員の都合を合わせるためあらかじめ日程を決めており、判決期日を変更することは珍しい。4月1日付で異動する裁判官もいるが、評議に加わる。

 検察側は捜査段階で殺害を認めた自白を主要な証拠に無期懲役を求刑した。K.T被告は公判で一貫して無実を訴え、弁護側は「自白は誘導されたもので、証拠は何一つ無い」と指摘している。


実は、冤罪では?というウワサ。

<ネタりか>今市女児殺害は足利事件に酷似…専門家が自白内容に疑義(日刊ゲンダイ 2016年3月23日)
 司法関係者からは早くも「第2の足利事件」を懸念する声が漏れ始めた。2005年に起きた栃木・今市市(現日光市)の小学1年、Y.Yちゃん=(当時7)=殺害事件で、殺人罪に問われたK.T被告(33)に対する論告求刑公判が22日、宇都宮地裁で行われ、検察は無期懲役を求刑した。判決は31日。

 有力な物証がなく、検察が立証の“キメ手”にしたのがK.T被告の自白調書だ。地裁は先週18日に自白調書の証拠採用を決定したが、実はこの調書の中身と遺体の状況には複数の矛盾が見られるのだ。

 弁護側が重視しているのが、女児の遺体を司法解剖した筑波大の本田克也教授(法医学)が法廷で指摘した内容だ。

「自白調書には『茨城県常陸大宮市内の林道で女児を立たせ、ナイフで胸部を刺して死亡させた。遺体を山林斜面下に投げ入れた』となっていたが、本田教授は『遺体の胸腔内には血液が少なく、殺害現場で1リットル以上の血液が流れ出たはず。山林にほとんど血痕がないのはあり得ない』などと証言。さらに『遺体に付着した粘着テープに誰のものか説明できないDNA型がある』と語ったのです」(司法記者)

 本田教授は冤罪となった「足利事件」や「袴田事件」でDNA型の再鑑定を担当した。その専門家が客観的な視点で重大な疑義を唱えたのだ。これだけで裁判をやり直しても不思議じゃないだろう。

「法廷で流された『自白』の場面は検察官とのやりとりだけ。その前段階の栃木県警の取り調べの様子が録音・録画されていないというのも変な話です。弁護側は長期間の拘束による『代用監獄』で県警が自白を強要した、とみています。容疑者を長期間拘束し、自白を引き出すやり方は『足利事件』と同じ構図です」(前出の司法記者)

 憲法38条では、自白は、補強する証拠があってはじめて被告人を有罪とする証明力を有する――とある。タダでさえ難しい判断を迫られる裁判員が、「補強する証拠」が何もなくて正しい決断が下せるのか。それこそ魔女狩り裁判の世界だ。裁判を傍聴している元共同通信記者の浅野健一氏はこう言う。

「今回の事件は、証拠がない上、容疑者を長期間拘束する――という冤罪を生み出す典型例です。栃木県警も宇都宮地検も『足利事件』を招いた反省が何もない」

 また新たな冤罪事件となるのか。


冤罪事件なんて。。




どうなるんだろう?人気ブログランキング! → 
posted by akibacchi2980 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック