2016年02月03日

殺意あったでしょ?

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>川崎中1殺害事件初公判、19歳少年の弁護団が会見(TBS 2016年2月2日)
※リンク先で音声が流れる場合あり
 川崎市で中学1年の上村遼太君が殺害された事件の初公判が2日行われ、殺人などの罪に問われている19歳の少年の弁護団が会見しました。

 「少年の成育環境や取り巻く人間関係のもつれから端を発していて、そこからさまざまな偶然が重なって最終的には不幸な結果が生じた。いろいろ報道されている人間関係と彼が置かれている立場はだいぶ相違がある。そのあたりを中心に話を法廷でさせてもらいたい」(少年の弁護団)

 少年は2日の初公判で起訴内容を認めた上で、「首をやったら死ぬかもしれないと思って2、3回切りました」などと淡々とした様子で述べました。3日は検察側の被告人質問が予定されていて、4日に結審します。


「いろいろ報道されている人間関係と彼が置かれている立場はだいぶ相違がある。」
つまり、
かくかくしかじか、、、
こういうことで被告は反省している。更生の余地がある。だから刑は軽くしてね!
ということを弁護するらしい。

いや〜、刑は軽くならないでしょう。。。

19歳リーダー格、死刑もあり得る…川崎・中1殺害裁判員裁判(スポニチ 2016年2月2日)
 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村遼太くん(当時13)が殺害された事件で、殺人と傷害の罪で起訴されたリーダー格の少年(19)の裁判員裁判がきょう2日、横浜地裁で始まる。少年は起訴内容を認めるとみられ、成育環境などの情状と量刑が裁判の焦点となる。

 元東京地検検事の大澤孝征弁護士は「殺害方法が残忍で、多少の情状酌量があっても、有期刑上限の懲役20年あたりになるのでは」と話した。死者が1人のため、死刑の可能性は低いという。1988年の女子高生コンクリ詰め殺人事件など、過去に起きた少年による重大事件を例に挙げ「遺体の状態は無残だが、生きたまま火を付けるなど、二重に三重に苦しみを味わわせたとまではいかない」と指摘した。

 ただ、大澤氏は死刑の可能性も排除しなかった。「裁判員裁判は、市民感覚が反映される。裁判員全員が死刑とし、プロの裁判官が一人でも賛成すれば分からない」とした。

 上村くんは全裸で冬の川を泳がされ、結束バンドで両腕を縛られ、カッターナイフで首を突き刺されて死亡した。ひざまずいて殺され、捜査幹部が「人間のやることではない」と話したという報道もあった。

 刑法に詳しい板倉宏日本大学名誉教授は「犯行時に18歳なら、死刑もあり得る」と話す。事件時の年齢が18歳に達しているかは、大きな意味を持つ。17歳以下は死刑相当が無期刑に、無期刑が懲役10〜20年に減刑される。だが18歳は死刑を適用できる。公判は3日間連続で、4日に結審する見通し。上村くんの家族が被害者参加制度を利用して意見陳述する。

…というように「死刑の場合もありうる」らしい。ひえ〜

しかし、3日間連続の公判で、裁判員の精神力と体力が心配です。
法廷で人の話をえんえん聞かなきゃいけないので、眠気との闘いもあります。
そういうときにどうしたらいいのかっていうと、、、

仮眠をとる
目薬をさす

といいらしい(眠気覚ましドットコムより)

じゃあ、裁判員の方は今日も頑張ってください。(見てるわけじゃないっての)




今日のお昼は何食べようかな?人気ブログランキング! 
→ syusai05.jpgmisosiru02.gifgohan02.gif

posted by akibacchi2980 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック