2015年12月24日

81歳被告の裁判員裁判、受け答えできず中止に

人気ブログランキングへ

【Yahoo!ニュース】<介護殺人裁判>被告母親に「訴訟能力に疑い」審理打ち切り(毎日新聞 2015年12月16日)
 知的障害がある長男(当時54歳)を介護疲れから殺害したとして殺人罪に問われた母親(81)=大阪市旭区=の裁判員裁判で、大阪地裁の芦高源裁判長は16日、「訴訟能力があるのか疑いがある」と述べ、今後の期日を職権ですべて取り消した。母親は15日の初公判に続き、裁判長の呼び掛けに全く応じることができなかった。

 裁判員裁判で公判が始まって以降、審理が打ち切られ、期日が取り消されるのは異例。今後、精神鑑定が実施され、訴訟能力の有無を判断する。刑事訴訟法では被告が心神喪失の状態にある場合、公判を停止しなければならないと定めている。

 母親は16日の公判に勾留先から車椅子で出廷。芦高裁判長が「私の声が聞こえますか」「体調はどうですか」などと呼び掛けたが、母親は視点が定まらない様子で、応じることができなかった。初公判でも呼び掛けに反応せず、息が上がったような状態で名乗ることもできなかった。

 起訴状によると、母親は今年3月15日朝、介護に疲れて将来を悲観し、寝ていた長男の首をタオルで絞めて殺害したとされる。公判前整理手続きの結果、起訴内容に争いはなく、事件当時は心神耗弱の状態だったことを前提に量刑が争われる見込みだった。

 母親の弁護人は「数日前まで意思疎通はできていた。認知症と診断されていたので、その影響があるのではないか」と話した。

 ◇渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)の話

 被告が訴訟に耐えられる状態なのかを弁護人がきちんと確認していたのか、公判が始まる前に裁判所と連絡調整ができていたのか、疑問が残る。審理が打ち切られることは、被告にとっても主張の場が失われ、不利益となる。民間人が参加する裁判員裁判の進行で、このような不手際がないよう教訓としなければならない。

精神鑑定か。。
これで裁判員の仕事は終わり。
それで半日分の日当をもらう。
いや、2回目だから1日と半日分?かな?
これでもう5年間来なくてもよい。ラッキーかな?

精神鑑定の後、また裁判を再開するのであれば、
今度は新しく裁判員が選任されるはずだと思うけど…。また以前のメンバーが呼出食らうのかなあ。
そんときは辞退で。

もしかして、裁判員裁判ではなくなり、職業裁判官のみの裁判になり刑法39条で無罪になるかもね。

それにしても、どこそこの大学教授がばあちゃんの心神喪失を「不手際」だって。
ばあちゃんは大変だったかもしれないのに。このどあほ! karasuf-ani01.gif アホーアホー





ケーキは明日かな?人気ブログランキング! → 






カツのGIFアニメ
posted by akibacchi2980 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック