2015年09月04日

裁判の全面可視化、導入見送られる

人気ブログランキングへ

<刑事司法改革法案>可視化導入見送り 自公が方針(毎日新聞 2015年9月4日)
 自民、公明両党は3日、検察や警察による取り調べの録音・録画(可視化)の義務付けなどを柱とした刑事司法改革関連法案について、今国会成立を見送る方針を固めた。関連法案は、8月に与野党の修正協議が整い、衆院を通過。しかし、民主党などが人種差別撤廃施策推進法案(民主、社民両党など提出)を先に成立させるよう主張し、調整がつかず、刑事司法改革関連法案は参院での審議が進んでいなかった。秋の臨時国会で成立を目指す。

 関連法案は他に、容疑者や被告が他人の犯罪事実を明らかにする見返りに起訴を見送ったり求刑を軽くしたりする「日本版司法取引」の導入や、通信傍受の対象とする犯罪の拡大も規定。成立すれば、刑事司法制度を転換する一大改革となる。

 衆院で自民、公明、民主、維新4党が、司法取引と通信傍受の適正運用を担保する法案修正を行い、8月7日の衆院本会議で与野党の賛成多数で可決、参院に送付した。

 一方、参院法務委では同月4日から、在日外国人へのヘイトスピーチ(憎悪表現)を禁じることなどを柱とした人種差別撤廃法案の審議に入った。与党は刑事司法改革関連法案の審議を優先する方針だったが、野党が人種差別撤廃法案を先行させるよう要求。審議順を巡る与野党の調整がつかず、両法案とも審議できない状況が続いている。法務委は定例日の3日も開催できず、27日の会期末までに必要な審議時間の確保は困難となった。

これが裁判員とどんな関係があるというと、、

可視化してない取調べだと…

デカ「おまえ、やったと言え!言えば今日中に家に帰してやる」
犯人「そうは言われましても、私は何にもやってないんですよ」
デカ「じゃあ、今日中に家に変えるのは無理だな。これが一生続くぞ」
犯人「そんな。。許して下さいよ」
デカ「吐けええ!」
犯人「オエーーッ!!」
デカ「そっちじゃねえよ!」


これが可視化すると…

刑事「本当のことを言ってください」
犯人「私は何もやっていません。当番弁護士呼んでください」
刑事「弁護士なんて自分で呼びやがれ!」
犯人「そんなこと言えませんよ。お願いします」
刑事「しょうがないな。連絡します」


このように、可視化すれば吐くことがなくなり、
調子が悪くなることもありません。

※注:あくまで管理人の想像であり、会話もフィクションです。






やったみたいじゃん。人気ブログランキング! → oyaji-onemu-a.gif









shoji_banner.gif
posted by akibacchi2980 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック