2015年08月28日

人が死んだ写真見る?見ない?

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>遺体写真を裁判員に見せるか否か 過剰配慮で形骸化の懸念も(福井新聞ONLINE 2015年8月19日)
 全国の裁判員裁判で、遺体の写真など衝撃的な証拠の採用を控える傾向が強まっている。裁判員の心理的負担を軽減しようと裁判所が配慮しているためだ。これに対し、遺族や被害者側には「事件の本質を知ってほしい」と採用を求める意見が根強く、裁判員への過剰配慮が裁判員制度そのものを形骸化させるとの懸念もある。福井地方裁判所(地裁)では今後、複数の殺人事件の審理を控えており、裁判官がどのように証拠を取捨選択するか注目される。

 ■発端は国賠訴訟

 昨年11月に福井地裁であった、福井市の強盗致傷事件の裁判員裁判。初公判前に争点と証拠を整理する「公判前整理手続き」で、被害男性の顔写真を裁判員に示すか否かが議論となった。検察側は採用を求めたが、3人の裁判官は不採用とした。同手続きには裁判員は参加しない。

 公判で6人の裁判員には代わりにイラストが示された。男性は取材に対し「絵では苦痛が伝わらない」と判断に疑問を投げ掛ける。

 最高裁は「個々の事件については裁判官が判断する」とし、一律の判断基準はないと説明するが、県内の裁判関係者は「衝撃的な証拠を控える傾向が全国一斉に強まっている」と口をそろえる。

 発端となったのが2013年、福島地裁郡山支部であった強盗殺人事件の裁判員裁判だ。現場のカラー写真を見た裁判員女性がストレス障害と診断され、国家賠償訴訟を起こした。この後、東京地裁は「(写真を白黒とするなど)代替手段の有無も考慮し、採否を慎重に吟味する」とする申し合わせを急きょ行い、最高裁も負担軽減の取り組み例を各地裁に情報提供する対応を取った。

 ■裁判員にも賛否

 「福島の件をきっかけに福井地裁の姿勢も変わった」と指摘するのは、福井弁護士会で犯罪被害者支援委員長を務める川上賢正弁護士。13年以降の福井地裁の裁判員裁判では、昨年の強盗致傷事件のほか、福井県大野市での家族間殺人事件の公判(同年9月)で殺害現場の写真が、イラストで代用された例がある。

 川上弁護士は「プロの裁判官ならイラストで被害の大小を判断できるだろうが、市民には難しい。被害者や遺族の多くは画像や映像の証拠採用を求めている」と話す。

 11年に起きた同県南越前町の傷害致死・死体遺棄事件の裁判員を務めた福井市の30代男性は「遺体の写真は目を背けたいものだった。しかし、量刑に必要だったと今でも考えている」と、衝撃的な証拠の採用に一定の理解を示す。

 裁判員経験者の中には反対意見もある。10年に大野市で発生した強盗殺人事件の審理に当たった福井市の40代女性は「殺害時の防犯カメラの映像が忘れられない」と声を詰まらせ、「手口や傷の深さを説明してもらえれば、写真などがなくても事件を理解できるのではないか」と話した。

 ■問われる大義名分

 福井地裁では現時点で4件の殺人事件の裁判員裁判を控える。中には殺意の有無が争点となり、検察側が遺体写真などの証拠採用を求めるケースも想定される。

 被害者学が専門の常磐大大学院(茨城県)の諸澤英道教授は「裁判員に過度な負担を強いることは許されない。一方で過剰配慮を続けると、司法に市民感覚を取り入れる裁判員制度の大義名分が崩れる」とした上で、「福島の件で全国の裁判所は板挟み状態に立たされたが、各地裁で対応にばらつきがあり、問題を先送りしているようにも見える。制度の根幹に関わるだけに本格的な議論を求めたい」と話している。


遺体写真を見なければいけない場合や殺人事件の裁判の場合だと、
裁判所からあらかじめ「遺体写真がありますよ」とか何とか言われるようです。
そうすると、辞退する人が増えそうですね。。ΨΨ(`▽´)ΨΨザマミロ





福井 福島 福岡 人気ブログランキング! → kuroguchimegane.gifsobameshi.gifhawks_logo.jpg


posted by akibacchi2980 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック