2015年06月23日

奪われるバッグ、逃げる裁判員

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>審理が長期化、裁判員3人が辞退 東京、強盗致傷事件(2015年6月17日 朝日新聞デジタル)
 東京地裁で3月に始まった強盗致傷事件の裁判員裁判が想定外の「長期裁判」になっている。初公判から10日で判決が出る予定だったが、途中で新たな争点が浮上し、審理が中断。長期化で裁判員ら3人が辞め、地裁が新たに選任する異例の事態となっている。

 中断しているのはルーマニア人のストレジャン・ゲオルゲ・アウレル被告(26)の裁判。被告は昨年4月、別のルーマニア人らと共謀し、東京都世田谷区の信用金庫で、男性を殴って現金4300万円入りのバッグを奪ったなどとして起訴された。起訴内容を認め、公判での争点は量刑のみに絞られた。

 初公判は3月4日。3回の公判を挟んで13日に判決の予定だったが、結審するはずの9日、弁護人が事件性についても「争う」と表明。検察側も「追加で立証する」と応じたため、地裁は期日の延期を決めた。

 この間、裁判員6人と補充裁判員2人の計8人のうち、計3人が辞退。5人では公判を再開できないため、地裁が裁判員1人と補充裁判員3人の計4人を選び直すことになった。


今回の被害者男性は、過去にも同じような被害に遭っています。
4300万円強盗でルーマニア国籍の男逮捕(2014年9月16日 スポーツ報知)
 東京都世田谷区の世田谷信用金庫玉川支店前で、男性(63)から現金4300万円をバッグごと奪ったとして、警視庁は15日、強盗致傷の疑いでルーマニア国籍の男2人を逮捕した。

 捜査1課によると、逮捕されたのは住所不定・無職のストレジャン・ゲオルゲ・アウレル容疑者(25)=別の窃盗罪で起訴=と、西東京市の職業不詳、ミウラ・ジャン容疑者(37)。

 逮捕容疑は、4月3日午前11時ごろ、同支店前で男性の顔を拳で殴り、バッグを奪った疑い。捜査1課は、周囲の防犯カメラの映像を解析し、容疑を裏付けたとしている。ストレジャン容疑者は「全然やってない」、ミウラ容疑者は「知りません」とともに容疑を否認している。

 ストレジャン容疑者は8月12日、豊島区池袋2丁目の質店で高級腕時計4個(計約280万円相当)を奪ったとして警視庁が強盗容疑で逮捕、窃盗罪で起訴された。

 今回の被害者男性は、昨年12月にも、約4400万円入りのバッグを奪われたと申告している。

つまり、被告は男性を狙ってたんですね。
こんなヤツは
「さっさとルーマニアに強制送還すべき!」
だと思いますが、ルーマニアだって
「こんな悪いことするヤツはいらん!」
と思うに違いありません。しかし、
裁判員のやる気のなさはわかります。

被告は12月に4400万円奪って、どうしてまた4300万円も奪ったのでしょうか?
盗んだ金は泡のように消えたってコト?




バブル乙。人気ブログランキング! → moaiman-mizu.gif




ぱたアニメ分室
posted by akibacchi2980 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック