2014年07月25日

守秘義務16

 阿連庄一は、某大手チェーンスーパーの店長である。
 庄一が異動で大阪に引っ越してもう1年になっていた。
 庄一も地裁からの呼出状に頭を悩ませていた。
 「部長。裁判員に呼ばれてしまいまして…。休みをいただきたいのですが」
 「阿連、何言ってんだ。そんなの出るんじゃないぞ」
 「しかし、行かないと罰金になるらしくて」
 「ああ?しょうがねえなあ。じゃあ休みがあるかどうか本部に聞いてやるから」
 「よろしくお願いします」
 はあ〜。選挙だったら行かなくても済むのに。
 阿連は裁判員なんてメンドくさいなと思っていた。それよりも、
 アルバイトやパートの人がちゃんと来るか。奥山さん、ハモとタイを間違えてお客様を怒らせて、きつく言いすぎて泣いてたけど今日はちゃんと遅刻せずに出勤してくれたかな。
 刺身のさくの仕入れ、やはり安く仕入れるにはキハダマグロを多めに仕入れないといけないかな。波新商店のオヤジ、いい魚安く譲ってくれるといいけどな。
 開店までに商品がちゃんと並んでいるか、特売用の長野高原キャベツはちゃんとピラミッド型の陳列ができているのか。いや、副店長の判断でストック陳列にしているかもしれないな。どっちにしろ、ちゃんとお客様にアピールできているんだろうか。
 惣菜コーナーの夕方タイムサービスのこと、メンチカツのタイムサービスは4時がいいのか、5時まで粘った方がいいのか、そのことしか頭になかった。
 こんなに仕事が大変なのに、どうして僕が裁判員なんてやらなきゃいけないんだろう。しかも、仕事を休んでまで。
(by川井秋葉)

※これはフィクションです。文中の人物、建物、団体名等は実物のものとは一切関係ありません。





スイカ忘れてない?人気ブログランキング! → 

ラベル:小説 守秘義務
posted by akibacchi2980 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説:守秘義務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック