2012年08月24日

裁判員制度が性犯罪被害者の重荷に?

人気ブログランキングへ

神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点(週刊朝日 2012年8月22日)
神戸市内で2010年5月から10月にかけて女児5人への強姦事件が起こった。4歳から8歳の女の子を公園の木陰や団地の空き室に連れ込み、服を脱がせてわいせつ行為を繰り返した悪質きわまりないもの。このたび24歳の被告に、懲役25年の求刑に対して、懲役20年の判決が言い渡されたが、ニュースキャスターの辛坊治郎氏はこの量刑に疑問を呈し、「裁判員制度が被害者の重荷になっている」と指摘する。

*  *  *
 そもそも求刑の「懲役25年」自体、短すぎないか? しかし起訴罪名が「強姦」である場合、法律上、検察官に許された求刑の上限は強姦単独で20年、複数件でも30年。常識で考えて8歳以下の少女を強姦して、被害者に一切身体的な傷を負わさないことなどありえない。当然、起訴罪名は「強姦致傷」であるべきだろう。起訴罪名が「強姦致傷」ならば、最高刑は無期懲役だ。何故、今回の被告はこの罪で起訴されなかったのか?

 裁判員制度は、この制度で裁かれる犯罪を「最高刑が死刑または無期懲役に当たる罪」と規定している。つまり、罪名が「強姦」なら、プロの裁判官による通常裁判になり、「強姦致傷」なら裁判員裁判となる。

 つまり、被害者が加害者に対してより重い刑を求めると、自動的に裁判員裁判が始まってしまうのだ。これは時として、被害者に更なる苦痛を強いることになる。性犯罪の被害者にとって、詳細な事実関係をプロの裁判官にすら知られるのは抵抗があるのに、ましてや裁判員という名の6人(補充裁判員を入れると最大12人)もの一般人に知られることは耐え難い苦痛だろう。その上、裁判所の選定も裁判員の選任も、事件が発生した地域ごとに行われるために、いかに裁判員の口が法律で封じられているといっても「身近な人が事件の全容を知ることになるかもしれない」という不安に怯えざるをえない。

 犯罪を適正に裁くための制度が、犯罪者の罪を不合理に軽くし、被害者に不当な重荷を背負わせる結果を招いている現実は看過できない。制度の早急な手直しが必要だろう。
………
2010年に大分で「裁判員裁判になるなら強姦致傷罪はいやだ」と警察に訴えた女性がいました。過去ログ
さらに、LJCCのまつおさんも性犯罪と裁判員裁判について気にかけている様子でした。
そして、性犯罪だと、被害者が裁判に出廷しないケースもあるらしいのです。

「被害者なので、裁判には出廷してください」

と案内はするのですが、被害者が恥ずかしさのあまりに法廷に来ない場合があるそうです。
そうすると、裁判そのものがなかったことになるので、今までしてきた準備が水の泡です。
確かに「女は貞操を守るもの」という概念が強ければ周囲にうわさが立つんでしょうけど、、、
ここは日本ですよ!
被害にあったなら、堂々と言ったほうがいいんです。

「あまりにも、こしゃくなこのオトコを厳重に処罰してください!裁判長!」

そうしないと、痴漢は永久に罰せられないでしょう。
周囲の理解も得られませんし。
。。。。。
と、こんなことを書いたら「ちゃかしているし、それだけで被害者は十分傷ついている」というコメントをもらったことがありまして(※過去ログ)
気持ちはわかりますが、それで法廷に出てこない理由にはならないでしょ?
被告はその気持ちを利用している部分があると思いますよ。
それでまた強姦を繰り返すこともあるかと思うんですよ。
せっかく痴漢を罰しようと検察が、裁判所が、裁判員ががんばっても無駄になっちゃいますよ。
もし、裁判員の中に強姦の被害にあった人がいたら、心強いと思いませんか?(確率低いですけど。。orz)




パトカーですよ〜!人気ブログランキング! → patocar.gif




angelo16.gif
posted by akibacchi2980 at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばかじゃないの?ただでさえ被害にあった人は生きてるだけで精一杯なのに他の人のことも考えろとかちょっとずれてる 被害にあった人にさらに、あなたのせいで性犯罪が増えたってゆってるも同然だしこの人も性犯罪者とたいして変わらない
Posted by a at 2013年09月10日 21:50
突然のコメント失礼致します。
大分前の記事ですがすみません。
過去ログと今回の記事拝見しました。
その上で私の感想を書かせていただきます。

>周囲の理解も得られませんし。
過去ログにも「証拠を傍聴者に見せないと事件は理解されない」と書かれていましたがあなた様は過去に様々な裁判を傍聴されてらっしゃるようですね。
そこであなたは何を学ばれ何を感じ何を理解されてきたのでしょう。
事件の概要ですか?
そんなもの、新聞やニュースを見れば誰でも分かります。
ではあなたの仰る「事件への理解」とは一体何なのでしょうか。
そもそも事件を理解するということはどういう事かあなたは分かってらっしゃいますか?
事件を理解する=被害者の痛み辛さを感じ取ろうとする事ではないのですか?
私があなたの文章を読む限りそれがちっとも伝わってきません。
コメントしてくれた方の真摯な言葉にも耳を傾けてらっしゃいませんね。
決してあなたを茶化してるような文ではないのにあなたは誠意あるコメントに逆切れされてますよね?
これが事件を理解している人の言動ですか?!
信じられません。
あなたは自分の身内が強姦されてその時の証拠(破れた下着の写真など)が多くの人に晒される事になってもそれでも事件の理解の為に必要だ!と言い切れるのですか?
通報は確かにして欲しいし大事な事なのはごもっともです。
けれど何の被害に合っていない私達が傷ついている被害者に「通報しないと次の被害者が出るでしょ!」と一方的に騒ぐのはトンデモナイ事です。

あなたは裁判傍聴始めてから随分と長いようですが結局何一つ理解できてないし成長していないのです。
事件、いえ、人と向き合う気持ちの無い方に裁判傍聴する資格はありません。
裁判に関わる全ての人の迷惑です。
長文乱文失礼しました。
茶化している訳ではありません。
あなたの記事に怒りを覚えた本気のコメントです。
Posted by はな at 2013年11月27日 22:44
随分前の記事ですがムカつきのあまりコメントさせて頂きます。

前の方と同意で、貴方は被害者の心理についてあまりに無知すぎです。ちゃかしたから怒られたんじゃなくて、理解してないくせにアドバイス気取りで発言したから怒られたんです!

恥ずかしがって法廷に出ない?違います。出たくても出れる状態じゃなくなるんです。不特定多数の人間に顔がわれる上に性犯罪にあったと知られる、更に被害状況を詳細に説明すると思うと声も出なくなるんです!

被害者だって裁かなきゃ犯人が野放しになることぐらい分かってますよ。
「やらない」んじゃなくて「できない」の!
「裁判に出ましょう。」と言われただけで出れるなら苦労しませんよ。気合いじゃどうにもならないんです。

自分のアドバイスが的外れなこと、理解できましたか?
被害者への心理的配慮が出来ないなら裁判員制度なんて導入すべきじゃなかった。貴方みたいなとんちんかんが裁判に来られたんじゃたまったもんじゃない。

貴方みたいな人って、裁判が終われば事件は終わりだとでも思ってるんでしょうね。性犯罪の被害者が受ける二次被害、三次被害を知らないんですか?

知った上で理解できないなら、もう性犯罪の傍聴は金輪際しないで下さい。
Posted by アール at 2015年06月16日 19:28
アールさんへ:
本気で話し合いたいのなら、直接会いませんか?メールください。
サイドバーにメールフォームへのリンクがあるので、ご利用ください。
Posted by 管理人 at 2015年06月23日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック