2012年04月23日

嘆願書市議に懲役11年

人気ブログランキングへ

兄殺害、元筑西市議に懲役11年判決 水戸地裁(MSN産経ニュース 2012年4月21日)
筑西市で昨年10月、無職、M.Kさん=当時(66)=が自宅で刺殺された事件で、殺人罪などに問われた弟の元筑西市議、M.T被告(64)の裁判員裁判の判決公判が20日、水戸地裁で開かれ、菱田泰信裁判長は「確固たる殺意に基づく、執拗(しつよう)で残虐な犯行であり、非常に悪質」として、懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 判決で菱田裁判長は、動機について「Kさんの不誠実な態度がきっかけになったとはいえ、長年の不満から突如、怒りを爆発させた短絡的なもの」と指摘。「凶器の鎌や手袋をあらかじめ用意するなど計画的」と断じた。一方でM被告が長く地域に貢献し、減刑を求める嘆願書が出た事情も考慮。

 判決後、菱田裁判長は説諭で「肝心のKさんに対する謝罪は不十分。自己中心的な反省でなく、態度を改めて更生してください」と述べた。

 判決によると、昨年10月15日午前7時ごろ、筑西市松原のKさん方で、Kさんの頭を鎌で切りつけ、首に包丁を突き刺すなどして失血死させた。
………
過去ログ

嘆願書があっても、政治家でも、やはり殺人はいけません。




カッコつけてもダメ。人気ブログランキング! → 


posted by akibacchi2980 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。