2012年04月15日

首都圏連続不審死事件の裁判員会見

人気ブログランキングへ

<47NEWS>裁判員「結束し、たどり着いた」 木嶋被告側は即日控訴(共同通信 2012年4月13日)
交際男性3人の殺害を認定し、木嶋佳苗被告(37)に死刑判決を言い渡した首都圏連続不審死のさいたま地裁公判で、裁判員を務めた男女6人のうち、男性2人が閉廷後の13日午後、さいたま市内で記者会見し「裁判官と裁判員が結束し、ここまでたどり着けた」と100日の在任期間を振り返った。木嶋被告と弁護側は、判決を不服として即日控訴した。

 裁判員は、殺害を裏付ける直接証拠がないまま、状況証拠の積み重ねで厳しい判断を下した。会見したH.Tさん(27)は「難しい、のひと言だ」と感想を漏らした。
………
リンク先に写真がありますが、H.Tさんは、、
イケメンではありません。
しかし、それでもいいんです。
100日間も裁判員をやったんだから立派です!
「難しい、」←そうでしょう。よくがんばりました。
管理人ならやらずに逃げ出してました。他の辞退者のように。
それでは、スポニチのニュースです。

裁判員2人が会見「最後までどういう人間かわからなかった」(スポニチAnnex 2012年4月14日)
閉廷後、裁判員6人のうちHさんと男性(25)の2人がさいたま市内で会見。直接証拠がない中での死刑判決に「難しかったの一言。人の命にかかわることなので(役割に)重さを感じることもあった」と口をそろえた。

 100日の在任期間を終え、表情には疲労の色と安ど感を浮かべての会見。死刑の判断にHさんは「多少、心の迷いはあった」としつつ、「ほとんどが状況証拠でしたが、いくらか示された物証と組み合わせて考えるとそういう判断になった」と説明した。「長い時間をかけてみんなで決めたこと。揺らぎはない」と語気を強めた。

 もう1人の男性は「世間がイメージするほど負担はなかった」と明かした。木嶋被告への印象を聞かれ「答弁などを聞いて感覚が悲しい人なのかなと感じた」と表現した。100日の間で、印象に変化があったかを問われると「変化というより、最初から最後までどういう人間か分からなかったというのが率直な印象」と話した。
………
「変化というより、最初から最後までどういう人間か分からなかったというのが率直な印象」
弁護士は、口頭弁論の作戦で、
被告人質問の時に被告の浮世だった生活を想像させるような答弁をさせたようです。
しかし、それはまったく裁判員に伝わっていなかったようです。
ところで、裁判員の記者会見も大変らしいです。
裁判員記者会見の裏とは。

判決後の裁判員会見でドタバタ劇…3人不審公判(スポーツ報知 2012年4月14日)
木嶋佳苗被告(37)に極刑判決が下された。練炭自殺に見せかけ男性3人を殺害したとして殺人罪などに問われた木嶋被告の裁判員裁判で、さいたま地裁の大熊一之裁判長は13日、3人殺害をいずれも認定、求刑通り死刑を言い渡した。ほかに起訴された詐欺3件、詐欺未遂3件、窃盗1件についても有罪とした。弁護側は即日控訴した。

 判決後、裁判員を務めたH.Tさん(27)と男性(25)の2人が出席して記者会見が行われた。異例の注目度もあってか、会見にあたってはドタバタ劇の一幕もあった。

 裁判所内で行われた「1次会見」。記者クラブの幹事社が裁判の感想を尋ねて始まった。ところが続いて、作家の佐野眞一氏が「死刑判決の決め手」などを質問すると、空気が一変。立ち合いの裁判所職員が割って入り中断した。

 佐野氏は「何でいけないの。会見の意味がない」と反論したが、裁判所、幹事社、裁判員が、別室での“評議”に突入。結局会見は1問で終了し、別会場での、裁判所の立ち合いがない「2次会見」に移ることに。すると、裁判所が「身に危険がある」との理由で、約200メートル先の別会場に裁判員を車で送った。

 裁判員法の「評議の秘密」にことさら配慮する裁判所と、法の範囲内で少しでも深く取材したい報道陣の思惑が交錯した結果と見られる珍騒動。2次会見でようやく約1時間の質疑が実現した。

 Hさんは「長期間だったことで裁判体(=裁判官と裁判員)が結束した」と振り返りながら、死刑に迷いは「みんなで話し合って決めたことで、揺らいだりはしていない」。最終弁論で木嶋被告が見せた「泣き崩れるような涙声」が印象的だったと述べ、状況証拠から死刑判断することについては「難しい、のひと言。状況証拠だけで、いくらか物証が示され、パズルの組み合わせでこういう判断になった」と語った。
………
幹事社…幹事(ウィキペディアより)
複数の企業が合同で事業を行うとき、代表となる社を幹事(社)と称する(銀行団の幹事社や、記者クラブの幹事社など)。また、幹事が複数いる場合、その代表者が「幹事長」「代表幹事」と名乗るケースもある。

守秘義務って、記者にはけっこうな壁かもね。orz



守秘義務により。。ごめんなさい。人気ブログランキング! → bows_a.gif



ホームページのおもちゃ箱


posted by akibacchi2980 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。