2012年01月26日

平成の毒婦って?木嶋被告ワイド6

人気ブログランキングへ

「木嶋被告とホテル行き、2度意識失った」証人(YOMIURI ONLINE 2012年1月25日)
男性3人に対する殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判は25日、さいたま地裁で第10回公判が開かれた。

 木嶋被告と交際し詐欺被害に遭ったとされる男性2人のうち長野県の男性(53)が検察側証人として出廷。木嶋被告とホテルに行き2度意識を失い、睡眠薬の使用を疑ったと証言した。

 木嶋被告は2009年1月に殺害されたとされる東京都のT.Tさん(当時53歳)と交際する一方、08年8月に結婚サイトで知り合った男性から大学院の学費名目などで130万円を詐取したとして詐欺罪で起訴された。

 検察側の尋問で、男性は08年12月に木嶋被告と行った東京・池袋のホテルで、木嶋被告がいれたハーブティーとカフェオレを飲み「寝てしまった。起きたら1万円札が1枚減っている気がした。(木嶋被告は)いなかった」と証言した。
………
「起きたら1万円札が1枚減っている気がした。」

おおこわ。泥棒じゃないこれ?

そんな被告の高校時代のウワサです。

平成の毒婦・木嶋佳苗 高校卒アル「AVに出そうな人」1位(NEWSポストセブン 2012年1月13日)
2009年に東京、埼玉、千葉で起きた連続不審死事件で、殺人罪などで起訴された“婚活詐欺女”こと木嶋佳苗被告(37)は、あくまで無罪を主張。2年以上に及んだ拘置所生活を“完黙”で通した被告に対して、検察は状況証拠のみで闘うことを強いられている。あまりに謎が多すぎるこの事件、いやこの女を、ジャーナリストの安田浩一氏がリポートする。

* * *

北海道別海高校の卒業アルバムに、木嶋佳苗は素朴で無邪気な夢を記している。
〈私は、温かい家庭を築くのが夢です。専業主婦になって、だんな様に尽くす素敵な奥さんになるんだもん。〉
この頃から、すでに結婚へのこだわりを見せていた。その屈託ない願望を裏付けるように、アルバムのアンケートコーナーでは、「早く結婚しそうな人」なる項目でクラス2位を獲得している。
「大人びた雰囲気がありましたし、仕草も上品でした。けっして美人ではありませんでしたが、色っぽい感じがなかったわけではない」
同級生の一人はそう述懐した。木嶋は同級生から「キジカナ」と呼ばれていた。先の同級生が続ける。
「僕はキジカナとはボランティアサークルで一緒でした。老人ホームや障害者施設でボランティア活動をしていたのですが、キジカナはお年寄りにはとても優しく接していましたよ。お年寄りの手を引きながら介助しているキジカナの姿をいまでも思い出します」
結婚願望や年寄りへの優しさを、その後の事件に結びつけるつもりはない。この同級生に限らず、他の多くの同級生も「優しいキジカナ」の記憶を抱えていた。だがそれは、必ずしも木嶋への好感度を表したものではなかった。
「なんていうか、少しばかり浮いた存在だったのも事実なんです」(別の同級生)
先のアンケート調査には続きがある。「不倫しそうな人」では2位、そして「アダルトビデオに出そうな人」「子だくさんになりそうな人」では、木嶋は実に1位を獲得しているのだ。
………
ひょえ〜!AV女優第1位!(←違うだろっ!)
管理人も「おばさん」なので、こういうウワサは大好きです。



おばさんコワイ。。人気ブログランキング! → o_8.gif


travelmin_banner.gif


posted by akibacchi2980 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。