2012年01月14日

木嶋佳苗ワイドショー!

人気ブログランキングへ

さいたま地裁裁判員裁判の首都圏連続不審死事件被告についてのワイドショー的ニュースです。

連続不審死公判で判明した被告のセックス観 「落としのメールテクニック」(メンズサイゾー 2012年1月12日)
2009年、東京・千葉・埼玉で男性3人が不審な死を遂げた、いわゆる首都圏連続不審死事件。この件で逮捕・起訴された木嶋佳苗(37)の初公判が10日10時から、さいたま地裁で開かれた。

 法廷に現れた木嶋被告人は、前髪のない内巻きボブ、明るいブルーのニットカーディガンに膝丈スカート。豊満な肉体も手伝って、かなり明るい印象だ。だが目つきは鋭く、傍聴席を険しい目で凝視する場面が多々見られた。初公判の午後にはなぜか、紺色のジャケットに"衣装替え"したが、おおむね一般的な被告人と比べ、かなり身なりに気を配っている様子がうかがえる。

 木嶋被告人は冒頭の3件の殺人罪ほか、詐欺未遂、詐欺、窃盗と計10の罪で起訴されているが、罪状認否でまず殺人罪についてはすべて「殺してはいません」と否認。詐欺罪および詐欺未遂罪については、そのうち2件の詐欺のみ認め、他は否認。"当時、真剣に結婚を考えていた"と主張した。さらに、男性が眠っている間に財布から5万円を抜き取ったという窃盗罪についても「私はお金を盗った事はありません」と否認。波乱の幕開けとなった。

 この一連の事件は男女のマッチングサイト、いわゆる婚活サイトが舞台になっており、そこでコンタクトを取った男性らが被害者となっているが、10日の初公判、そして11日の審理で注目されたのは、木嶋被告人の"メールテクニック"だろう。

 まず男性らに送るメールは半ばテンプレート化しており、大きく分けて2パターン。ひとつは「大学の学費や雑費を支援して欲しい」もうひとつは「料理学校の授業料を一時的に支援して欲しい」である。どちらも、真面目に学業に専念している様子やアルバイトに精を出している様子をアピールしつつ、支払いに窮することになった事情を切々と書き連ねているのである(もちろん、これらの内容は虚偽)。そして、いわゆる金の無心だけでは終わらず、木嶋被告人はメールの最後に必ずセックス談義を絡めてくるのだ。

「私は遊び相手や恋人ではなく、真剣に旦那様を探していることもあり、どうしてもその相手との今後の生活を考えてしまいます」

 と真面目に男性を選ぼうとしている様子も盛り込みながら、

「本当に相性の良い人とは、割と早い時期に信頼関係を築けていました。肉体関係のこともありますが、私には時間をかけないと"そういう関係"になってはいけない、という思いはありません。むしろ男女が惹かれ合うのであれば、早い時期にそうなるのは自然だと思っています」

 と、即ハメも可能であることを臭わせるのである。

 これらのテクニックを駆使し、木嶋被告人は一連の事件で総額3000万円近くを手に入れた。そのうち、2009年8月に死亡した東京都の会社員、O.Yさん(41=当時=)に対してはこれ以上に際どいメールのやり取りをしていた事が明らかになった。

「いつ子供を授かっても構わないと思いました。もちろん避妊しなくてもいいし、休学の覚悟もあります」

 これに対してOさんは「このまま、ゴールインしたいですね」と返信している。

 検察側は、このメールのやり取りの翌日、2人はデートをし、さらにその翌日、木嶋被告人は授業料と称してOさんから470万円を受け取ったと主張している。

「私も応援してます。自分はもう自分だけの自分ではないのだという気分です」

 木嶋被告人から"授業料を払ってきた"というお礼のメールが送られたあとに、Oさんが返したメールである。
 
 木嶋被告人との幸せな将来を夢見ていたであろうOさんはじめ、3名の男性は木嶋被告人が主張するように自殺なのか、それとも他殺なのか。審理は4月13日の判決言い渡しまで、長期に渡る予定だ。
………
なるほど。即ハメをエサに金だまし取るのね。まったく。
世間の風上におけないブスだね。
じゃあ、次のニュース

結婚詐欺師・木嶋佳苗被告の殺し文句は「生H」だった!(リアルライブ 2012年1月12日)
09年9月に逮捕された結婚詐欺師・木嶋佳苗(きじまかなえ)被告(37)の裁判員裁判(4月13日判決)の初公判が、1月10日、さいたま地裁で開かれた。

 木嶋被告は結婚をちらつかせて、多額の金銭をだまし取った末、3人の交際男性を練炭自殺に見せかけて殺害したとして起訴されている。木嶋被告の毒牙にかかったのは、都内の会社員・T.Tさん(当時53歳)、千葉県の無職・A.Kさん(同80歳)、都内の会社員・O.Yさん(同41歳)の3人。

 検察側の冒頭陳述によれば、木嶋被告は08年5月に婚活サイトに登録し、サイトで知り合ったTさんから1850万円を受け取った。Aさんからは学費名目で80万円もらった上、カードで188万円引き出した。Oさんからも学費名目で470万円をだまし取ったという。

 これだけの高額のカネを引っ張るからには、よほど若くて容姿端麗な女性でなければ無理だと思ってしまうが、木嶋被告の容姿はというと、決してそうではない。逮捕時、その写真を見てぶったまげた人も多いだろう。木嶋被告はとても美人とはいいがたく、体型はハッキリ言って肥満体、そして、事件当時、34歳前後で決して若くもない。そんな彼女がいかにして、大金をせしめたのか、その手口が法廷の場で明らかになったのだ。

 検察側は木嶋被告と被害者とのメールのやりとりを明らかにした。その内容は、「恋人ではなく旦那様を探しています」「ラブホテル、ご一緒していいですよ」「肉体関係の相性はある。避妊しなくても構わない」といった生々しいもの。木嶋被告は結婚や早期の性的関係をちらつかせ、さらには「生H」というニンジンまでぶら下げて、独身の中高年男性をはめてしまったのだ。これが、容姿や若さでは引き付けられない木嶋被告の常とう手段だったようだ。

 木嶋被告は「(3人とは)結婚を真剣に考えていました」と話し、弁護側は「亡くなった3人の男性とは性交渉がうまくいかなかったので別れた」とし、3人の死因については、TさんとOさんは自殺、Aさんは失火の疑いがあると主張し、殺人容疑は否認した。
………
男は生でやらせてもらえるなら、ルックスは二の次だってことか。orz
しかし、それで殺されちゃうんだから、オンナってコワイ。




女は不思議な生き物〜。人気ブログランキング! → boins.gif人気ブログランキングへ

Copyright by YOKO YAHAGI


posted by akibacchi2980 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。