2011年12月23日

木嶋佳苗被告無罪主張を審理全38回

人気ブログランキングへ

木嶋佳苗被告、3件の殺人事件で無罪主張へ(YOMIURI ONLINE 2011年12月22日)
首都圏で練炭自殺に見せかけるなどして交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪で起訴された無職木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判(来年1月10日初公判)について、さいたま地裁は22日、検察・弁護双方の争点を初めて示し、木嶋被告側が3件の殺人事件で無罪を主張することが明らかになった。

 殺人罪のほかに起訴された詐欺、詐欺未遂、窃盗の五つの事件では、一部の詐欺事件で起訴事実を認めるものの、他の事件は争う姿勢を示している。

 争点などを協議する公判前整理手続きは、2010年9月から始まり、今月22日にも行われた。27日に終了する見通し。審理は初公判以降、週2〜4日ペースで行われ、予備の7日間を含め計38回の期日が指定されている。判決は4月13日。

………
無罪を主張するのは被告の権利ですが、
裁判員のことも考えろ!
裁判員選任手続きは1月5日、初公判は1月10日。
それから全38回。判決が4月って。

逃げろ!埼玉県民!(さいたま地裁の管轄だから)

木嶋佳苗被告の公判日程決まる さいたま地裁(MSN産経ニュース 2011年11月2日)
首都圏で起きた男性の連続不審死事件で、殺人罪などで起訴された木嶋佳苗被告(36)の裁判員裁判について、さいたま地裁は2日、初公判を来年1月10日に開くと発表した。判決は4月13日。裁判員の選任手続きは1月5日で、判決までの100日間にわたり異例の長期審理が行われる。

 木嶋被告をめぐっては、練炭自殺を装って男性3人を殺害したとして、3件の殺人罪で起訴されている。このほか、詐欺罪などでも起訴されており、さいたま地裁で併合審理が行われることになっていた。

 起訴状によると、木嶋被告は平成21年、東京都千代田区のO.Yさん=当時(41)=ら男性3人を殺害するなどしたとされる。

 地裁によると、木嶋被告の公判には裁判員のほか、補充裁判員も6人置くため、裁判員候補者として330人に呼び出しを行うという。

………
裁判員候補者330人!
この中から裁判員6人+補充裁判員6人=12人選ぶわけですね。。
補充裁判員が通常より3人多い体制になっております。
それもこれも、裁判員の解任に対応するためだと思います。

途中辞退ありですね〜。裁判員の皆さん。



ばっくれようぜ!人気ブログランキング! → 人気ブログランキングへ


posted by akibacchi2980 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。