2010年11月25日

19歳の少年に死刑判決! 仙台地裁

人気ブログランキングへ


裁判員裁判初、少年に死刑判決 3人殺傷事件で仙台地裁(MSN産経ニュース 2010年11月25日)
 元交際相手の姉や友人ら3人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた宮城県石巻市の元解体工の少年(19)の判決公判が25日、仙台地裁で開かれ、鈴木信行裁判長は「犯行態様や結果の重大性から考えれば、更正可能性は著しく低い」として、求刑通り死刑を言い渡した。少年が被告の裁判員裁判で、死刑が言い渡されるのは初めて。

 最大の焦点だった、犯行当時18歳7カ月の少年への死刑選択の是非について鈴木裁判長は「年齢には相応の配慮をするべきだが、死刑を回避する決定的な事情とはいえない」と説明。弁護側は専門家が矯正の可能性を認めていることなどを根拠に、更生の可能性があると訴えていたが「実母への暴行で保護観察中の犯行であることや、元交際相手の少女に日常的に暴力を振るっていたことも考えれば、更生の可能性は著しく低い」として、死刑が相当と結論づけた。

 鈴木裁判長は量刑理由で、昭和58年に最高裁が死刑選択の指針として示した「永山基準」と照らしながら説明。犯行態様について「無抵抗の被害者をためらうことなく、次々と牛刀で刺した。傷の多くが内蔵に達するなど、極めて執拗(しつよう)かつ残忍」と指摘したほか、動機面などでは「元交際相手の少女を連れ戻すために、邪魔する者はすべて排除しようとした。欲しいもの奪うという点では、強盗殺人に類似した側面もある」と断じた。

 判決後、会見に応じた弁護側は「(判決言い渡し後の)接見時、少年は比較的落ち着いた様子だった」と説明。少年が判決を「受け止めたい」と話していることを明かしたうえで、「弁護側としては説得して控訴したい」と述べた。

 判決によると、少年は2月10日早朝、同市清水町の元交際相手の少女(18)方で、少女の姉のN.Mさん=当時(20)=と友人のO.Mさん=同(18)=を牛刀で刺して殺害。男性1人に重傷を負わせ、少女を連れ去るなどした。

………
しかし、裁判員のみなさんもよく死刑判決出せたなと思う。
裁判員なんて、ただでさえ精神的にハードな仕事なのに。。
それでも、被告が少年の場合でも死刑はありえることなんだけど、
それが裁判員でもありえるっていうことがどうしても不思議。

まじめに裁判するとそうなってしまうのか?

とにかく、逃げずに最後まで職務をまっとうした裁判員の皆さんはエライと思いました。
しかし、それはそれで悩むのは大きいらしいです。

「一生悩み続ける」=少年犯罪「大人と同じ刑に」−裁判員経験者2人が会見(時事通信 2010年11月25日)
「苦しみ悩んで出した結論だった」−。被告の少年(19)に死刑判決を言い渡した3人殺傷事件の裁判で、裁判員を務めた2人が仙台地裁で記者会見し、重い判断を迫られた心境を明らかにした。
 会社員の30代男性は「どんなに悩んで結論を出しても、被告や被害者はどちらかは納得がいかない。一生悩み続けるんだなと思った」と話した。2人が殺害、1人が重傷を負う凶悪事件だったことについて「(ほかの裁判員の)皆さんも具合の悪い精神状態になったが、わたし自身は参加できてよかったと思います」と振り返った。
 被告が少年だったことには「個人的には14歳、15歳であろうと重いことをしたら大人と同じ刑で判断すべきだ。そう心掛けて参加した」と明らかにした。
 少年の控訴に関しては「苦しんで悩んで出した結論。わたしたちの気持ちを受け止めて、どうするか決めてほしい」と話した。
 別の裁判員経験者は、時々うつむきながら、「正直やりたくなかった。きょうの日を迎えるのがつらかった」と苦しい胸の内を吐露。評議が祝日や土日を挟んだことに触れ、「自分の意見を誰かにぶつけることができず、休日、家族や友人に会うのがつらかった」と話した。
 「少年にどんな言葉を掛けたいか」との質問には、「自分のやったことをまず反省して、と言いたい。なぜこのような判決になったのか考えてほしい」と答えた。
 評議日数は判決日を含めて3日間で、地裁によると、25日の評議は30分で終了した。この裁判員経験者は「精神状態もあるし、わたしの感覚では十分だった」と述べ、30代男性も「ちょうどいいくらいでした」と話した。

………
今度は裁判員の方の精神状態の方が心配です。




ゆっくり休もう。ぬくぬく。。人気ブログランキング! → 人気ブログランキングへ
posted by akibacchi2980 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック