2015年10月11日

裁判員辞退者多くて、長官が焦っている話

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>裁判員候補64%辞退、長官自ら参加呼びかけへ(読売新聞 2015年10月11日)
 最高裁は、来年の裁判員候補者に選ばれた約23万人への通知書類を来月12日に発送する際、寺田逸郎長官自らが裁判参加を呼びかけるメッセージを同封する初の取り組みを行う。

 裁判員制度のスタートから6年余りが経過し、参加を辞退する候補者の割合が年々増える中、参加意欲を高めるのが目的だ。

 寺田長官の顔写真が入ったメッセージはA4判1枚。裁判員制度の意義について、「国民の様々な視点を審理に反映させられる」と強調。「審理に工夫を重ねて一般の人にもわかりやすい裁判になってきている。安心して参加してほしい」と呼びかけている。

 最高裁は毎年11月頃、選挙人名簿の中から選ばれた翌年の裁判員候補者に通知書類を送付。その中から事件ごとに候補者を呼び出している。70歳以上や学生、重要な仕事がある人などは辞退できるが、辞退率は年々上昇。書面での事前辞退と、裁判所での選任手続きに出頭した際の辞退を足した辞退率は昨年、約64%に上り、制度が始まった2009年より約11ポイント上昇した。

メッセージって何が書いてあるんでしょうか?
まあ、別に何が書いてあるのか知ったこっちゃありませんが…。
私は、いくら最高裁長官であろうと、裁判員は辞退させてもらいます。
それはね。。。

冤罪があるから!

いくら裁判員法で守られていようとも、人の恨みはそんなんじゃ消えませんよ。
(裁判員等に対する威迫罪)
第百七条  被告事件に関し、当該被告事件の審判に係る職務を行う裁判員若しくは補充裁判員若しくはこれらの職にあった者又はその親族に対し、面会、文書の送付、電話をかけることその他のいかなる方法をもってするかを問わず、威迫の行為をした者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
2  被告事件に関し、当該被告事件の審判に係る職務を行う裁判員若しくは補充裁判員の選任のために選定された裁判員候補者若しくは当該裁判員若しくは補充裁判員の職務を行うべき選任予定裁判員又はその親族に対し、面会、文書の送付、電話をかけることその他のいかなる方法をもってするかを問わず、威迫の行為をした者も、前項と同様とする。


自分をこんな目にしやがって。。← 恨んでる人はたくさんいますよ。
裁判官は世間の常識を知らないから、一般人からの視点でモノを言ってほしいとかなんとかなんでしょ?

自分勝手すぎんだよ!

冤罪事件をすべてはっきりさせてからモノを言え!
再審請求をすべて再審してからモノを言え!
一度、裁判やったからもう再審は必要ないだと?
やい!寺田!
アンタ長官になったの親の七光りのクセによくそんなこと言えるよな(父親は第10代最高裁長官寺田治郎ウィキペディア)。
再審請求のめないのは事実に向き合う勇気がないからだろ?
冤罪の事実に向き合う勇気がないからだろ?
そんな腐ったミカンみたいなモノのために割く時間なんて1秒たりともありません。
安い日当で私たちの時間を買おうとしないでくれるかな?





申し訳ご。。人気ブログランキング → moushiwakegozaimasen.jpg






banner_03_sozaiditen.gif


posted by akibacchi2980 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする