2015年10月11日

裁判員辞退者多くて、長官が焦っている話

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>裁判員候補64%辞退、長官自ら参加呼びかけへ(読売新聞 2015年10月11日)
 最高裁は、来年の裁判員候補者に選ばれた約23万人への通知書類を来月12日に発送する際、寺田逸郎長官自らが裁判参加を呼びかけるメッセージを同封する初の取り組みを行う。

 裁判員制度のスタートから6年余りが経過し、参加を辞退する候補者の割合が年々増える中、参加意欲を高めるのが目的だ。

 寺田長官の顔写真が入ったメッセージはA4判1枚。裁判員制度の意義について、「国民の様々な視点を審理に反映させられる」と強調。「審理に工夫を重ねて一般の人にもわかりやすい裁判になってきている。安心して参加してほしい」と呼びかけている。

 最高裁は毎年11月頃、選挙人名簿の中から選ばれた翌年の裁判員候補者に通知書類を送付。その中から事件ごとに候補者を呼び出している。70歳以上や学生、重要な仕事がある人などは辞退できるが、辞退率は年々上昇。書面での事前辞退と、裁判所での選任手続きに出頭した際の辞退を足した辞退率は昨年、約64%に上り、制度が始まった2009年より約11ポイント上昇した。

メッセージって何が書いてあるんでしょうか?
まあ、別に何が書いてあるのか知ったこっちゃありませんが…。
私は、いくら最高裁長官であろうと、裁判員は辞退させてもらいます。
それはね。。。

冤罪があるから!

いくら裁判員法で守られていようとも、人の恨みはそんなんじゃ消えませんよ。
(裁判員等に対する威迫罪)
第百七条  被告事件に関し、当該被告事件の審判に係る職務を行う裁判員若しくは補充裁判員若しくはこれらの職にあった者又はその親族に対し、面会、文書の送付、電話をかけることその他のいかなる方法をもってするかを問わず、威迫の行為をした者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
2  被告事件に関し、当該被告事件の審判に係る職務を行う裁判員若しくは補充裁判員の選任のために選定された裁判員候補者若しくは当該裁判員若しくは補充裁判員の職務を行うべき選任予定裁判員又はその親族に対し、面会、文書の送付、電話をかけることその他のいかなる方法をもってするかを問わず、威迫の行為をした者も、前項と同様とする。


自分をこんな目にしやがって。。← 恨んでる人はたくさんいますよ。
裁判官は世間の常識を知らないから、一般人からの視点でモノを言ってほしいとかなんとかなんでしょ?

自分勝手すぎんだよ!

冤罪事件をすべてはっきりさせてからモノを言え!
再審請求をすべて再審してからモノを言え!
一度、裁判やったからもう再審は必要ないだと?
やい!寺田!
アンタ長官になったの親の七光りのクセによくそんなこと言えるよな(父親は第10代最高裁長官寺田治郎ウィキペディア)。
再審請求のめないのは事実に向き合う勇気がないからだろ?
冤罪の事実に向き合う勇気がないからだろ?
そんな腐ったミカンみたいなモノのために割く時間なんて1秒たりともありません。
安い日当で私たちの時間を買おうとしないでくれるかな?





申し訳ご。。人気ブログランキング → moushiwakegozaimasen.jpg






banner_03_sozaiditen.gif


posted by akibacchi2980 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

奥西死刑囚が死んだから裁判員やりたくない

人気ブログランキングへ

みなさん、もうニュースはご覧になったでしょうか?
冤罪事件だとされてきた名張毒ぶどう酒事件の被告が先日死亡しました。
ところで、名張毒ぶどう酒事件ってナニ?

名張毒ぶどう酒事件とは【奥西勝】(NEVERまとめ)

再審請求は9次に及ぶ

名張毒ぶどう酒事件(ウィキペディア)

塀の中から無罪を叫び続け、何度も再審請求して無罪を勝ち取ろうとしたが、先日亡くなった。

<Yahoo!ニュース>名張事件で再審請求中の奥西死刑囚が死亡 89歳(産経新聞 2015年10月5日)
 三重県名張市で昭和36年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で殺人罪などで死刑が確定し、第9次再審請求中の奥西勝死刑囚が4日、収容先の八王子医療刑務所(東京都)で肺炎のため死亡した。89歳。法務省が明らかにした。奥西死刑囚は平成25年に一時危篤になったが、その後、意識が回復。人工呼吸器をつけながら再審開始を求めてきたが、今年8月にも一時危篤に陥るなど、容体が不安定な状態が続いていたという。奥西死刑囚の死亡により、現在の再審請求手続きは終了する見通し。

 奥西死刑囚は昭和36年4月に事件への関与を認めて逮捕されたが、その後、半世紀にわたって無実を訴えていた。第7次再審請求では、平成17年4月に名古屋高裁が「混入された農薬が自白と違う可能性がある」として再審開始を決定。検察側の異議申し立てによる審理で同高裁の別の裁判長が開始を取り消し、さらに最高裁が審理のやり直しを命じて差し戻すという異例の経過をたどった。

 第8次請求が高裁で退けられた後、今年5月には9度目の再審を請求。弁護側は新たな証拠として、ぶどう酒に含まれていたとされる毒物に関する再現実験の結果などを提出していた。

冤罪を訴えたまま被告は刑務所で死んでいったのである。
しかし、裁判所は再審をしないで被告をずっと刑務所に閉じ込めたままだった。

被告は裁判所に殺された!ので
は?


冤罪なんだから、再審されればきっと無罪になったはず。
そしたら、刑務所の中で死んでしまうこともなかっただろうに。。
こんなことする裁判所、

裁判員なんてやりたくない!(え?)

というわけで、今回は裁判員を辞退する理由を考えます。
話が強引と言われそうですが、、

「名張毒ぶどう酒事件が冤罪なのに、被告が刑務所で死んじゃったから、そんな裁判所で裁判員やりたくない」
↑もちろん、こんなの通用しません。

被告が冤罪事件なのに再審されずに死亡した。
再審請求は散々やったのに、裁判所は実際に再審しなかった。
だから、そんな裁判所には協力しないということで、こんなふうに考えました。

「私は裁判員制度が嫌いです。

人は裁けません。だから裁判員

は辞退します」


こうやってキッパリ言おう。これで裁判員を辞退できるかどうか保証はできませんけど。
しかし、裁判員制度が嫌いなんだという気持ちを伝えるのは大事です。
それと同時に、裁判員に参加する人も尊重しましょう。(ここポイント)
参加する人の中には裁判員をやりたい人もいますので。




ぶどう。人気ブログランキング! → 
posted by akibacchi2980 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

人を殺してみたかった名大生、裁判員裁判か

人気ブログランキングへ

【Yahoo!ニュース】<名古屋家裁>元名大生の逆送決定 六つの非行内容認定(毎日新聞 2015年9月30日)
 名古屋市で女性を殺害し、宮城県で高校時代の同級生らに猛毒のタリウムを飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの非行内容で送致された名古屋大の元女子学生(19)について、名古屋家裁は29日、少年審判を開き、検察官送致(逆送)すると決定した。名古屋地検は10日以内に起訴するかどうか判断する。起訴されれば成人と同様に裁判員裁判で審理される。

 決定によると、元女子学生は昨年12月、名古屋市の自宅アパートで同市のM.Tさん(当時77歳)の頭をおので数回殴った上、マフラーで首を絞めて殺害したとされる。また2012年5〜7月には宮城県の高校の同級生ら2人に、猛毒の硫酸タリウムを飲ませ、殺そうとしたとされる。他にも14年12月に同県内の民家に放火し、住民を殺そうとしたことなど、計六つの非行内容を認定した。

 岩井隆義裁判長は決定理由で、元女子学生がM.Tさん殺害の動機について「人が死ぬ過程を観察したかった」などと供述したことに対し、「自らの好奇心を満たすための実験として行われ、酌量の余地はなく、犯行態様は極めて残虐」などと指摘。また、殺人以外の非行内容は「一連の流れの中で行われた犯行で、殺人と切り離して扱うことは相当でない」とした。

 その上で、精神鑑定結果を踏まえ、「他者の気持ちを理解することができないとか、特定の物事に異常に執着するという精神発達上の障害があった」と認定。しかし「責任能力に問題はなく、障害の影響は限定的で、原則通り逆送の決定が相当」と判断した。

<Yahoo!ニュース>元名大女子学生を逆送「障害等の影響は限定的」(読売新聞 2015年9月29日)
 知人女性(当時77歳)に対する殺人などの非行事実で家裁送致された名古屋大の元女子学生(19)について、名古屋家裁は29日の少年審判で検察官送致(逆送)を決定した。

 名古屋地検は家裁送致時に「刑事処分相当」の意見を付けており、10日以内に起訴するとみられる。起訴されれば、裁判員裁判を受けることになる。

 元女子学生は「人を殺してみたい」などと供述していたことから、地検と家裁がそれぞれ精神鑑定を実施。岩井隆義裁判長は「精神発達上の障害等があるものの、(非行に対する)影響は限定的」と判断した。

 決定などによると、元女子学生は同大1年だった2014年12月、名古屋市内の自宅アパートで知人女性の頭をおので殴るなどして殺害。実家のある宮城県内で民家に火を付け、住人を殺害しようとした。高校時代の12年5〜7月には、同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとするなどした。

被告の名前が出ていませんが、例によって未成年だからという理由です。
被告は、人を殺してみたかったらしいけど、
そんなの解りませ〜ん!




いやだなこういうの。人気ブログランキング! → nukogif7.gif

posted by akibacchi2980 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする