2015年03月29日

それでも、裁判員をやりたくないと思うのは…

人気ブログランキングへ

最高裁のアンケートによると95%以上の人が「裁判員は良い経験だ」と感じたそうですが、
この事件の場合「う〜ん。。」と考えさせられてしまいそうです。

<Yahoo!ニュース>「犯行後にラーメン」は凶悪か 裁判員を悩ます「善悪の基準」(週刊文春 2015年3月27日)
 マイケル・サンデル教授に聞くまでもなく、善悪の評価は難しい。3月19日、東京地裁での裁判員裁判。善悪が問われたのは、犯行後に被告がすすったラーメンの是非だ。

 警視庁担当記者が解説する。

「去年9月、都内のラーメン店でI.S被告(38)が、隣の男性客(当時49)との間にあったイスの取り合いになって激高し、腹や顔を踏みつけるなどして暴行。男性はその後、死亡しました。被告はすぐ傷害容疑で逮捕されたのですが、犯行後に取った行動が前代未聞でした」

 事件は午前0時ごろ。通報を受けて到着した警察は、眼前の光景に目を丸くした。

「被告は手に付いた血をトイレで洗い流し、席に戻ると、みそラーメンと半チャーハンを要求。料金を支払った上で、男性が倒れている店内で平然と食べ続けたのです。警察官も『食べている場合じゃないだろう』と一喝しましたが、『このまま捕まるとちゃんとした食べ物は取れなくなる』と考えたそうです」(同前)

 法廷では少し痩せて見えたI被告だが、事件当時は身長175センチ、体重120キロの巨漢。高校時代はラグビー部で鍛えたこともあった。犯行の有様と“〆”のラーメンからは残忍な犯人像が浮かび上がる。だが、法廷では弁護側があらゆる手を駆使して擁護を続けていた。

 司法関係者が話す。

「弁護士から母親が傍聴に来ているかを訊ねられると、被告はいきなり号泣。しばらく証言できなくなるほどでした。『なんでやったか分からない』としおらしく話し、『踏み足に体重はのっていなかったので重傷になると思わなかった』と言ってのけた。裁判員も困惑していました」

 そして運命の判決日。10年の求刑に対し、園原敏彦裁判長は懲役7年を言い渡した。

「判決では犯行後のラーメンについて、『眉をひそめる向きもあるだろうが、被告を更生させて社会復帰を図るという刑罰の目的に照らし有意なものとはいえない』と、検察側の『量刑に考慮すべき』とする主張を退けたのです。傷害致死罪の最高刑は20年。7年は短い気もしますが、実は検察官が若手で、裁判官に『意図が不明』と突っ込まれる場面もあった。追及失敗の印象が拭えません」(同前)

 こうして“最後の晩餐”は許されたのだった。

「被告はラーメンをすすってたんですよ〜!!こんなの許されると思いますか〜っ!!」
とか言ってたんですかね〜?
裁判員は
「被告がラーメンをすすったことは、殺意に関係あるのだろうか。。。」
と真剣に考えたんでしょうか?
こんなこと考えるのは嫌ですね。どうでもいいから。





ラーメンすすってたんですよ〜!人気ブログランキング! → tantanmen100.gif






ヴィラージュ・クッキング素材集
posted by akibacchi2980 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判員はやった方がいいらしい。。

人気ブログランキングへ

裁判員裁判が始まってもうすぐ6年目に突入しますね。
もう「裁判員やったことある」人が知り合いにいる!って人もいるかもしれません。
そんな裁判員経験者にいろいろ聞いてみたネット記事を見つけました。

裁判員をした友人に裁判員制度の流れとか詳細を聞いてみた(941::blog 2014年10月3日)

その友人さんの話によると、
「裁判員はやった方がいいらしい」
「仕事の都合で辞退はできない」
などなど、一度は読んだ方がいいんじゃないかと思うんじゃないかと。
それから、事件の管轄は「関東圏は一緒みたい」って何だ?
東京在住の人がさいたま地裁の裁判員裁判を担当することもアリってことか?




もうすぐ花見だね。人気ブログランキング! → 


posted by akibacchi2980 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする