2015年02月21日

ああ、またやり直しか。三鷹ストーカー殺人事件

人気ブログランキングへ

<Yahoo!ニュース>三鷹ストーカー事件 検察が上告断念 改めて裁判員裁判で審理(産経新聞 2015年2月20日)
 東京都三鷹市で平成25年10月、高3の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手の無職、池永チャールストーマス被告(22)=京都市=について、懲役22年とした1審判決を破棄して差し戻した東京高裁判決を受け、東京高検は20日、最高裁への上告を断念する方針を明らかにした。
 検察側の上告断念により、改めて裁判員を選任し1審をやり直すことになる。
 東京高検の堺徹次席検事は「判決内容を慎重に検討したが、適法な上告理由が見いだせず、上告を断念せざるを得ないとの結論に達した」とコメントした。
 東京高裁は今月6日、被告が女子生徒のプライベートな画像をインターネット上に公開した「リベンジ(復讐=ふくしゅう)ポルノ」について過大評価したのは誤りで、「1審の審理の進め方には違反がある」と指摘。懲役22年とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し、東京地裁に差し戻す判決を言い渡していた。
 1審判決によると、池永被告は25年10月8日午前、生徒宅に侵入。同日夕方、生徒の首や腹部をペティナイフで刺して殺害した。

やい!だまって22年牢屋に入ってろ!prisoner.png
なんちゃって〜。
そういう私も、わいせつ事件についてのエントリーについてちょっと荒れたことがありました。
懐かしいですね〜。
え?そんなのどうでもいいって?
解りました。

第一審は2014年7月22日東京地裁立川支部にて。
この時の裁判員の構成は6人中5人が男性だった。
e.gif最初は被害者に圧倒的不利だと思ったけど、懲役22年だったから
正しくやってくれたのかな〜、と思った。被害者遺族は不満みたいだったけど。
第二審では「被告の成育歴が正しく理解されていない」ということが差し戻しの理由になったらしい。
それでは、被告の成育歴とは、、、
○日本人の父親、フィリピン人の母親のジャピーノ
○高卒のフリーター
○被害者とは「南米のハーフの有名私大生」と偽っていた。
○貧困生活の中で狭い部屋の隣室で母親が交際相手と性行為をするあえぎ声を聞いた。
○母親の交際相手から過酷な虐待を受けていた。母親も同じ男から虐待を受けていた。
○母親が何日も家に帰ってこないことが日常茶飯事である。
○近所のコンビニで消費期限の切れた弁当を無心する生活を送っていた。
e.gifフィリピン人の母親に子供を産ませて、父親はどこかに逃げちゃうと言うのがジャピーノの社会問題になってるらしい。。参考:ウィキペディア

解るかっ!こんなの。
裁判員がこんな複雑な成育歴想像できませんから。

今度は死刑じゃね?
ああ、やりたくない。。
そこそこ、東京都○○市(24区外と小笠原諸島以外の都民)の人、去年11月ごろに調査票が届いた人が裁判員の対象ですよ。






やりたくない…人気ブログランキング! → nukogif7.gif





イラスト素材の素材ダス
ちっちゃい素材屋さん
sky-banner.gif



posted by akibacchi2980 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員やりたくない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする